東京の便利屋ワンストップ代行センター | 謝罪代行

謝罪代行をさせていただきます

東京の便利屋「ワンストップ代行センター」では事情により、どうしても代わり謝らなくてはいけないケースに、謝罪代行をさせていただいております。お気軽にご相談くださいませ。

※こちらの判断になりますが、お受けできない電話代行内容の場合、御断りいたします。
※ご内容によって、誓約書にサインをしていただいております。
(電話代行後にトラブルになった場合、弊社は責任を負いませんという内容になります)

ご依頼例1

クレームで直接謝罪に行って、菓子折りを渡して商品回収してほしい

福岡県の通販会社様より「お客様へ販売した品がクレームで直接謝罪に行って、菓子折りを渡して商品回収してほしい」とのご依頼でした。基本料2000+出張料3000円+1時間@5300円×4時間(1名/スーツ着用)=26200円謝罪先が東京で、兎に角謝罪をして何とか菓子折りを渡してどうにか収まって終了となりました。「お客様には申し訳ないですけど、出張の交通費と時間を考えると依頼した方がね。。」「兎に角収まって良かったよ!!」と大変喜んでいただきました。

ご依頼例2

販売した品がクレームで直接謝罪に行って菓子折りを渡して商品回収してほしい

岐阜県のアパレル会社さまより「販売した品がクレームで直接謝罪に行って、菓子折りを渡して商品回収してほしい」とのご依頼でした。基本料2000+出張料3000円+1時間@5300円×3時間(1名/スーツ着用)=20900円。謝罪先が新宿区で、謝罪をして菓子折りはお受取りになりませんでしたがどうにか収まって終了となりました。「ただのクレーマーだよ。うちのスタッフも泣いてどうしょうもないから依頼した方がね。。ありがとう!!」と大変喜んでいただきました。

ご依頼例3

販売した家具がクレームで直接行って補修か謝罪回収してほしい

福岡県の家具製造会社さまより「販売した家具の不具合で直接謝罪に行って、補修か回収してほしい」とのご依頼でした。基本料2000+出張料3000円+1時間@5300円×2時間(1名/作業着用)=15600円。納品先が港区で、提携会社スタッフの体で謝罪をし、ご購入者様の組立ミスの為、組立直し~逆に謝られ、終了となりました。「どうにも電話では理解していただけなく、返品されずに使っていただき本当に助かった・・」と大変喜んでいただきました。

ご依頼例4

Web広告の記載ミス、上司として同行謝罪

Web広告会社さまより「やっと成約しローンチしたサイトの記載ミスで、上司として謝罪同行してほしい」とのご依頼でした。
基本料2000+出張料3000円+1時間@5300円×2時間(1名/スーツ着用)=15600円。
Web知識はそれほど無い為、事前に待ち合わせたカフェで、Q&Aのミーティングをし、先方もご理解いただき無事許していただき、広告継続となりました。「どうしても上司には言えず・・心細く、やっと解決した!」と大変喜んでいただきました。

ご依頼例5

納期遅延の同行謝罪

Web製作会社さまより「スタッフのミスにしていたが、一人運営しており、部下として同行謝罪して欲しい」とのご依頼でした。
基本料2000+出張料3000円+1時間@5300円×2時間(1名/スーツ着用)=15600円。

ただただ謝罪を繰り返し、無事許していただき、「申し訳ない気持ちで一杯だが、これで少しだけ時間が確保出来た」と大変喜んでいただきました。

※上記は2017年10月迄の事例になります。

※2017年11月1日よりSSランク(時間単価変更)変更となります

お問い合せ

Copyright© 2012 1STOP DAIKO CENTER All Rights Reserved.